保存食品を買い揃える時に余裕があると言う人は、短期か、中期か長期を分けておいた方が良いですね。 <中・長期の保存食品の場合> 短くても1年、出来れば3年~5年の保存期間の商品で固めておきましょう。 <短期に関して> 1年以内の物もそこに含めるという感じですね。抑えておくとかなりバリエーションが豊富です。 <短期の保存食費の目的について> 緊急時ではなくても、ちょっとした事で使える物を揃えておきましょう。 日常的な保険にすると言うことですね。 日頃の献立の予備軍と言った位置づけになります。 ※候補は冷凍食品が第一になります。 『冷凍食品』 電気が遮断される緊急時には保存食品としての特色はなくなります。 台風などでちょっとの期間外に出られないことに重宝しますね。 ※インスタントラーメン ※スナック菓子、 ※チョコレート、 ※乾燥食品全般なども該当します。 この中で、意外と有効なのがチョコレートと言うことです。 しかし、糖分補給の為の食品としては重宝しますね。 また、子供が友達を連れて来た時、「おやつになるものがない...」と言う場合にも使えますね。 ですから、短期の保存食品としては有効と言えます。(笑顔) これらはあくまで短期になります。 ですから、ある程度の頻度で買い換える必要がありますよ。 あまり多くは備蓄しないようにしましょう。

関連ページ