FX取引はテクニカル分析かファンダメンタルズ分析のどちらにする方がいい?

FX取引を開始するにあたって、テクニカル分析、ファンダメンタルズ分析のどっちに従って取引をすると勝つことができるのだろうと考えた方も少なくないのではないでしょうか。
外国為替証拠金取引の初心者の場合には、まだ相場観が十分ではないため、自分の直感や世界情勢を考えて取引を実行するファンダメンタルズ分析を利用することはリスクがあります。
FX投資を試みる前に、所有する通貨の数を決めておくというのも忘れてはいけません。
所有通貨量を前もって決定しておき、それ以上の位置は持たないようお願いします。
こうした結果、勝利しても、利益は小額になりますが、損失も減ります。
FXの主流は、短期でのトレードです。
一般的には、デイトレといいます。
デイトレでいう「デイ」とは、日本時間でいう0時?24時ではなく、ニューヨークでいう時間になります。
要は、世界の金融は、ニューヨークを中心として回っているというわけなのです。
短期トレードは、価格が急激に変化するリスクが低くなりますが、その分、大きな利益も得るのが難しくなります。
FXには、様々な専門の用語があります。
指値または逆指値といった言葉は、FXだけではなく、株でも使います。
指値注文というのは成行注文と比べて、計画的に取引が可能という便利さがある反面、売り買いの取引が成立しづらいというデメリットが存在します。
逆指値注文でしたら上手に使うと、損切りが迅速に行えます。