楽天銀行のおまとめローンはおすすめなのか?

おまとめローンに申し込んでみたところ審査に落ちたという人には何らかの原因があります。

その原因を明らかにしなければ、次のおまとめローン審査を受けても落ちる可能性があります。

おまとめローンは年収、勤務先、勤続年数、借入件数、借入総額などが審査され問題が無ければ審査を通過することができます。

年収は当然多い方が有利になりますが、審査において肝心なことは借入総額とのバランスで借り入れ額がある程度までであれば返済可能と判断されることが多いようです。

勤務先は公務員が評価が高く、勤続年数については長いほど評価が高くなり個人事業主やフリーター、入社1年未満という人は低い評価になります。

個人信用情報は過去の借り入れ等を審査される項目で過去に自己破産を経験していたり返済の遅延があった人などは厳しく審査されることになります。

おまとめローンの手続きで一番手軽な方法は全ての手続きがインターネットで完了できるweb完結です。

web上ですべての手続きが完了するのでローンの手続きを他人に見られる心配もありませんし土日祝日でも、曜日や時間に関係なく申し込むことができます。

web完結とweb申し込みは間違えがちですが最初から最後までwebで行う事ができるのはweb完結です。

web申込みは申し込み手続きだけをインターネットで行って契約は店舗に出かけたり必要書類を郵送するという方法になります。

web完結なら外へ出かける必要もなく電話での意思確認なども原則的にはないので安心です。

おまとめローンとは何件もの金融業者から借り入れている人が新たな金融機関から借入れをして、既存のローンをすべて完済するためのローンです。

複数の金融業者からお金を借りれいると返済日がバラバラで銀行の残高管理が大変です。

与信枠が低いと金利が高くて不利になりますから何件ものローンを1本化した方が利息を抑えられるかもしれません。

でも、おまとめローンを利用したい人は多重債務者ですから審査に通りにくいということも事実です。

おまとめローンを提供してる金融業者もありますので専門の商品なら審査に通る確率は高いですね。

おまとめローンを利用することで毎月何回もあった引き落とし日が1日になるので残高管理が楽になります。

おまとめローンにも与信審査がありますが多重債務者が対象なので、通常のカードローンよりも審査が厳しく貸付金利が高いことが多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利を比較すると銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は7.70%から18.0%(アコム借換え専用ローン)となっています。

いずれの金融機関からおまとめローンを借りるにしても毎月の返済額を抑えると負担は減りますが返済期間が長期化します。

返済期間が長くなるということは支払う利息も多くなるのでおまとめローンに借り換えるよりも返済総額は大きくなることは避けられません。

おまとめローンを利用する機会は人生に1度あるかないかだと思いますので、利用を考えている多くの人が、わからないことだらけに頭を悩ませていることかと思います。

手続きの方法や必要な書類などは金融機関のHP上にある「よくある質問コーナー」に回答があります。

借金総額がいくらになったら、おまとめローンを検討するべきかなどの一般的な質問についてはネットで「おまとめローン よくある質問」と検索してみると良いでしょう。

情報サイトであれば消費者金融と銀行のおまとめローンの比較なども記載されていますし金利やサービス内容の比較等もあるため、金融機関のHPでは得られない情報が満載です。

審査に通るコツやポイント、通らない人の傾向など有益な情報が多いのでおまとめローンを利用するなら、必ずチェックしておきましょう。

埼玉りそな銀行にはおまとめローン専用のサービスはありませんが「りそなプライベートローンJ」というフリーローンがあります。

限度額は300万円までですが、金利は6.5%から14.0%に設定されていて来店不要で契約できるのもおすすめポイントです。

銀行のキャッシングローンなので年収の1/3という制限はありませんし利用条件に最低年収は有りませんから、アルバイトでも申し込みが可能です。

日本在住で満20歳以上完済時年齢満71歳未満、継続した安定収入があれば申し込みができますが専業主婦の方は申し込むことができません。

「りそなプレミアムフリーローン」は「プライベートローンJ」の上位商品ですが昨年の年収が400万円以上とハードルが高くなっています。

マイカーローンというのは5年から7年にわたる返済期間になりますので、ショッピングローンとしては長い方ですがそもそも自動車自体が高額商品のため、毎月の返済額が高くなってしまうのは避けられません。

その間に給料が下がったり転職などで収入が減ると毎月の負担が大きくなるのでマイカーローンを含めたおまとめローンを組むということも考えなければいけないかもしれません。

銀行のおまとめローンであればそれも1つの選択肢としてありだと思いますが消費者金融は、マイカーローンのおまとめはできないかもしれません。

参考:楽天銀行おまとめローンの評判と評価はどうなってる?

理由は、消費者金融のおまとめローンは貸金業者からの融資を1本化するためのものですから銀行から借り入れたマイカーローンは利用対象外となってしまいます。

信販会社のマイカーローンで、キャッシング枠ということであれば対象となりますが通常のマイカーローンのようにショッピング枠で購入したのであれば利用することはできません。

おまとめローンは複数の借入れ先を1つにまとめるためのローンで月々の返済額を見直すことができます。

月々の返済額が減れば経済的な負担が軽くなるというメリットがありますがおまとめローンを組んでも返済する元本はかわらないので返済期間が長くなる事になります。

返済期間が長期化することで、その分金利も発生しますので返済する総額はおまとめローンを組む前より増えることになります。

一方で、借入限度枠が大きい人ほど適用金利が低くなりますからおまとめローンで高い与信限度額の承認がもらえさえすれば、現在抱えている借金の金利よりもずっと低金利で借り入れられることになります。

おまとめローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションしておくことで返済総額を増やさずに、しかも毎月の返済を楽にすることも可能なのです。

住宅ローンを組む際にカードローンを利用していると不利になるという話がありますが返済負担率に問題が無ければ、必ずしも不利になるとは限らないという意見もあります。

そうはいっても、お金に困っているからカードローンで借金をしているということは明白ですからなるべくなら、カードローンは住宅ローン審査までに解約しておいた方が良いでしょう。

複数の金融機関より借金をしているという多重債務者の場合はおまとめローンで借入先を1つにまとめることが最優先です。

又、おまとめローンを利用している金融機関で住宅ローンの融資は難しいだろうと考える人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞りなく返済をしていれば、きちんと返済する人という実績となりプラス評価となります。

そのうえ、住宅ローン利用者であれば優遇金利が適用になる場合がありますのでおまとめローンと同じ金融機関で住宅ローンを組んでみるのもありかもしれません。

おまとめローンは複数の借入れを1本化することによって毎月の返済額や利息下げるというメリットがあります。

でも、利息を減らしたり返済金額を抑えることができたとしても自分に合わない返済方法を選んでしまった場合、更に状況が悪化してしまうこともあります。

おまとめローンを組んだとしても元本は減りませんから毎月の返済額を引き下げるとなると返済期間は長くなります。

返済期間が長くなれば支払う利息も増えますので返済総額は、おまとめローンを組む前より増えてしまうことは避けられません。

又、消費者金融のおまとめローンは追加融資を受けることはできませんが銀行のおまとめローンというのはフリーローンとなっていることが多いので追加融資が可能というメリットがある傍ら、借入額が増えるリスクも含んでいます。